柔軟性で肩こり、腰痛、冷え性を予防!

身体を柔らかく保つことは、若々しく健康的な身体を保つことになります。血液の循環が悪くなったり、基礎代謝が落ちたり、脂肪が燃焼しにくくなったり、ケガが多くなってしまったりして、肩こりや腰痛、冷え性を引き起こしてしまうこともあります。日頃から、整骨院などの信頼できる、柔道整復師や鍼灸師などの先生方にしっかりと診てもらっておいて、こうしたリスクを少しでも回避していただきたいです。

身体がカタくなる理由

よく言われるのは、運動不足や加齢。身体を動かさないと、血管がカタくなり、血液、リンパの流れが悪くなります。本来なら流れてとどくものが行きとどかなくなり、肩こり、腰痛、冷え性などが引き起こされてしまうのです。体のこりを防ぐカギは、正しい姿勢と血流促進です。正しい姿勢を心がけ、特に、首が前方に出る前のめりの姿勢を避け、同じ姿勢を続けるときはストレッチを取り入れて筋肉の緊張をほぐすと効果的です。全身の血流を促すには、適度な運動もおすすめします。

毎日続けたいストレッチ

・肩関節周りを伸ばすストレッチ

体の後ろで手を組みます。組んだ手を後ろに引っ張り、高く持ち上げていきます。胸の前や肩周りが伸びている感じを意識しながら、伸ばせるところまで伸ばしたら、その姿勢を20秒間キープします。

・股関節周りを伸ばすストレッチ

両膝を曲げて、脚の裏を合わせます。その姿勢から上体を前に倒していきます。この時、頭を地面に近づけるというよりも、おへそを地面に近づける意識で行うと良いでしょう。

・腰から太ももの裏を伸ばすストレッチ

床に長座で座ります(脚を伸ばして座る)。片側の膝を曲げ、足の裏をもう一方の脚につけます。伸ばしている方の脚はしっかり膝を伸ばし、その状態で上体を前に倒していきます。この時、胸を脚に近づけるような意識で倒すと良いでしょう。

・運動前のストレッチ

スポーツ時に多い、脚を大きく振り上げる、腕を大きく回すなど勢いよく体を動かした際の柔軟性のことを「動的柔軟性」といいます。

・ラジオ体操

実はラジオ体操には全身の動的柔軟性を高める専門的な動きが取り入れられています。

体の柔軟性を高めるストレッチですが、無理をすると逆効果になってしまいます。柔軟性を高めるにはトレーニング同様、継続して行う必要があります。毎日こまめに行うことを心がけましょう。しかし、ずーっと身体がカタい、曲げると痛む。そういうときにはストレッチだけではきれいに解決出来ません。

トレーニングやその効果に関しては、自力で対策し、改善していくことはなかなか難しいものです。信頼のおける整骨院を見つけておき、日常の中で相談したいものですね。そうして、こまめに筋肉を解きほぐしてあげるなど、積極的で根本的な体質の改善を目指してみましょう!ご自分でできる「転倒しないための足作り」をつかんで、日々、地道に行い、健康的な生活をいつまでも続けたいものですね。