健康的な生活のために必要な骨。
丈夫にしたいところですが、骨に関する基礎知識を知っている方はあまりいません。
そこで今回は骨に関する知識をご紹介します。
あなたが知っている知識は間違っているかもしれません…。

子供の骨は大人よりも少ない!?

子供の体は小さいため骨の量も少ないのではという声を耳にしますが、実は違うことをご存知ですか?

大人と子供の骨の数は同じで206個です。

むしろ、乳児の時期は300個近くもの骨原基が存在し、成長とともに骨に近い塊になり結合して1本のしっかりとした骨になっていきます。

魚だけでカルシウムをたくさん摂取できるというのは、ウソ

食生活が変化している現代では、カルシウムが不足している傾向にあります。

昔、魚を食べてカルシウムをたくさん摂取しなさいと言われた方は多いと思いますが、日本の水や土壌の影響でカルシウム含有量が少ないのです。

しっかりと頑丈な骨を作るためにも、カルシウムだけでなくビタミンDなどの栄養素といっしょに摂取しましょう!

カルシウムは摂れば摂るほど良いというわけではない

体をしっかりと成長させるためにカルシウムをたくさん摂取させないと!というお母さんの声をよく耳にしますが、カルシウムは摂りすぎるとかえって良くないことをご存知ですか?

過剰に摂取したカルシウムは血液の中で固まってしまうことがあるため、腸がカルシウムの吸収率を下げるよう働きます。

健康的な骨のために欠かせないカルシウムですが、摂り過ぎは体にとって良くない影響を与えてしまいます。
1日800mgを目安にし、適切な量のカルシウムを毎日摂取しましょう!

丈夫で健康的な骨を作り、保つためには正しい知識を身に着けておくことが大切です。
必要な栄養素の適切な摂取量を把握し、バランスの良い食事で骨を育て、維持していきましょう!