「ドケルバン病」という病気を聞いたことはありますか?

昔は、手首をよく使う職業のピアニストや美容師さん、スポーツ選手に多い病気とされていました。
しかし、最近ではあまり手首を酷使しない一般の方の発症が増えています。
手に力を入れた際に手首が一瞬痛んだり、手を広げると親指が痛い…と感じる方はドケルバン病かもしれません…

ドケルバン病とは

ドケルバン病とは、親指と手首をつないでいる部分(短母指伸筋腱・外母指外転筋腱)や、そこを覆っている部分(腱鞘)が炎症を起こしていることを指します。
炎症を起こしている状態で手を動かすと痛みを感じ、酷い場合には腫れたり力が入らなくなってしまいます。

実は、女性の発症が多い傾向にあり、赤ちゃんにミルクをあげる時やお風呂に入れる時に親指を大きく開いて支えるため大きな負担がかかり腱や腱鞘を痛めてしまうのです。
また、女性の場合閉経によるホルモンバランスの変化や家事をする際の手首の酷使していることも原因とされています。

電子機器が普及している現代だから増えている

今やほとんどの企業が仕事中に使用しているパソコン…何気なくキーボードを操作していますが意外と親指や手首に負担がかかっています。
また、片手でスマートフォンを操作している方も親指にかなりの負担がかかっているので、自覚症状がなくとも腱や腱鞘を傷つけている可能性が多いのです。

ドケルバン病の予防方法

ドケルバン病は手首を酷使することが大きく影響しています。日頃の生活を見直すだけでも予防になります。
本のページをめくる時や物をひっくり返す時に手首を裏返さないようにする、親指に負担がかかる片手操作をしないようにする、親指の付け根をマッサージするなど「手首や親指への負担を軽減する」ことを意識しましょう。

また、ドケルバン病の予防に効果的な成分「エストロゲン」と似た作用を持つ「大豆イソフラボン」をたくさん摂取することも効果的です。
豆腐や納豆などを毎日の食事の中にとりいれていきましょう。